伊豆沼農産のスタッフが日々感じたこと、製品・お店情報などをお届けします。


by izunumaham
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

稲刈り始まりました!

こんにちは。企画室の佐藤裕美です。今日から10月ですね!伊豆沼農産がある登米市新田地区の伊豆沼では、9月22日にマガンの飛来が確認されました。これから渡り鳥とともに過ごすシーズンが始まります。この日、伊豆沼農産の田んぼで稲刈りが始まりました。写真は「ひとめぼれ」が植えられている田んぼです。風になびく稲穂に実りの喜びを感じます。
f0052323_10164391.jpg

コンバインで一気に刈取り~籾の脱穀~藁の裁断作業を行い、籾をライスセンターへ運びます。
f0052323_1019635.jpg

f0052323_101946100.jpg

f0052323_10204233.jpg

f0052323_10221374.png

ライスセンターでは、乾燥~籾すり~袋詰めを行います。
f0052323_10232241.jpg

f0052323_10235445.jpg

通常、刈り取ったばかりの籾は20%を超える水分が含まれています。この水分は、貯蔵性や加工性、品質に影響するため、急いで乾燥工程に入らなければなりません。籾を機械に入れたら、約15%の水分量になるまで乾燥させます。
f0052323_10244480.jpg

乾燥を終えた籾は一晩寝かせて籾すりの工程へ。乾燥した籾を機械に入れると籾殻がはがれ、玄米になります。その後、選別網を通して、最終工程の袋詰めへ入ります。
f0052323_10261788.jpg

f0052323_10273856.jpg

f0052323_10281298.jpg

大切に袋詰めした新米。ひとめぼれの新米は今日から販売します!
f0052323_1030857.jpg


【お米のご注文窓口】
伊豆沼農産 通販専用ダイヤル:0120-77-2986
[PR]
# by izunumaham | 2013-10-01 10:38 | 今日の伊豆沼
こんばんは。企画室の佐藤裕美です。今日は新田小学校4年生の子供たちと稲の生育と田んぼに生息する生きもの調査をしてきました。調査の時は、雨が降るあいにくのお天気でしたが、10名の子供たちが集まってくれました。
まずは畦道を歩きながら、自分たちが植えた稲の成長を確認します。
f0052323_1751254.jpg

f0052323_17521256.jpg

f0052323_17522713.jpg
次に田んぼや水路にすんでいる生きものを観察するため、畦や稲の間を網ですくいながら、カゴやバケツに入れていきます。ドジョウやザリガニ、クモ、カエル、エビのなかま等、たくさんの生きものを見つけました。
f0052323_17534287.jpg

f0052323_1754261.jpg

f0052323_17543596.jpg

いっぱいになったカゴとバケツをもってテントに集まります。
f0052323_17562235.jpg

今日は、生きものの名前を調べるために、「田んぼの生きもの図鑑(宮城県版)」という図鑑を使いました。
f0052323_186497.jpg

この図鑑は、東北大学の向井康夫先生がつくったもので、生きものの動き方や止まり方、横やしたから見た姿などから種類を見分けられるような構成になっています。対話形式で生きものの種類を調べられる図鑑なので、名前や生態が記憶に残りやすいのが特徴です。ほんとオススメの学習書です!
f0052323_18737.jpg

子供たちも楽しそうで、目を輝かせながら観察をしていました。
f0052323_17582013.jpg
f0052323_17581014.jpg

ご興味ある方は、以下Eメールアドレスに問い合わせてみてください。
<田んぼの生きもの図鑑Volume1(宮城県版)>
著者:向井康夫
販売:認定特定非営利活動法人アースウォッチ・ジャパン
価格:500円
問い合わせ先:appasus.major@gmail.com


図鑑の中では、次のような文が載っています。
『米を作る水田は私たちの生活に不可欠ですが、多くの水生生物にとっても生きる拠り所です。水生生物が沢山いるということは、私たち日本人が培ってきた生活や文化が上手に自然と共存してきたことの証と言えるでしょう』
この言葉を見たとき、心がじ~んとしました。私たちが住む登米市新田地区は、ありがたいことに今も恵まれた環境とたくさんの命が共存しています。これからも、子供たちとこの事実に感謝し、学びを続けていきたいと思いました。
[PR]
# by izunumaham | 2013-07-25 18:09

手づくり品の展示即売会

こんにちは!今週の土日は、手工芸品製作を担当する直売会会員さんの作品即売会が行われています。父の日ギフトでおなじみのフリーカップや便利ポーチ、畳を使ったおしゃれ敷物、置物、押し花カレンダーなど・・・会場は愛情こもった手づくり品でいっぱいです。
f0052323_1694325.jpg

f0052323_16112739.jpg
f0052323_16105638.jpg

f0052323_16205412.jpg

f0052323_1621384.jpg

また、屋外では旬な野菜や焼きのこの試食販売も行われており、活気あふれる週末となりました。この原木きのこ、絶品です!
f0052323_16135864.jpg

f0052323_1614549.jpg

今日のイベント中で特にご紹介したいのが、竹とんぼ名人の高橋勇喜さん。高橋さんが竹とんぼづくりを始めたのは20数年前。退職後に製作を本格的に始め、今では地元の直売所やイベントなどで手づくり品を販売しています。
f0052323_16145835.jpg

さて、突然ですが、みなさんは竹とんぼに右利き用と左利き用があるのをご存知でしたか?私はその違いを高橋さんにお聞きするまで知りませんでした・・・竹とんぼの羽はひねってつくられているのですが、ひねりの向きは右利き用と左利き用とで反対向きになっているそうです!
<上のピンク色が左利き用、下のオレンジ色が右利き用>
f0052323_16162363.jpg

右利きの人が左利き用の竹とんぼを飛ばそうとすると、上に飛ばず、下に落ちてしまいます。
一見ではわからないような「ひねり」がもたらす現象に心を踊らされた1日となりました。
高橋さんは「竹とんぼを飛ばして、得意げにほほえむ子供たちの顔を見るのがうれしい」とおしゃっています。これからも元気でいろんな作品をつくってくださいね!

展示即売会は明日まで開催中です(開催時間10:00~15:00)。製作者・生産者さんと会話しながらお買い物してみませんか?皆さまのご来場をお待ちしております。

企画室・佐藤裕美
[PR]
# by izunumaham | 2013-06-22 16:26 | イベント
こんばんは。蒸し暑い日が続いていますね。みなさま体調くずされていませんか?
宮城県は昨日梅雨入りをむかえました。梅雨入り初日はお昼近くまで雨が降り続いていましたが、雨に負けず田んぼに繰り出してきましたよ!目的は田んぼに生息する【生き物調査】。ご指導いただいたのは、NPO法人田んぼのみなさんです。ここに所属する研究員の方々、田んぼや生き物に関する知識と情熱がすさまじい!疑問に感じたことを投げかけると、初心者向けにわかりやすく、かつ興味深く疑問点を解消してくれます。

さあ本日の生き物調査の舞台は伊豆沼農産のふゆみずたんぼ。今は地元小学生の学習田として開放しています。5月末にはこんな感じで田植え体験をしたんですよ。みんな泥だらけになりながら頑張りました。
f0052323_17564864.jpg

f0052323_17594185.jpg

さあ、いよいよ生き物調査の開始です。まずは網とバケツをもって田んぼの中へ(子供たちが植えた苗もだいぶ大きくなりました)。
f0052323_1814118.jpg

次に田んぼの中に網を入れて、水中の泥の表面を軽くけずるようにすくっていきます。
f0052323_1831036.jpg

すくったら、中身をバケツの中へ。バケツの中身がたまったら網をうまく使って、にごりがなくなるまですすぎを行います。
f0052323_1833251.jpg

すすぎが終わったら中身を白いバットにうつして観察に入ります。わ~生き物いっぱい!!
f0052323_1842584.jpg

写真はミズアブの仲間の幼虫。
f0052323_1845720.jpg

成虫になるとこんな風になります。黄緑があざやか!
f0052323_185327.jpg

次の写真はヘイケホタルの幼虫。成虫の姿からは想像できませんよね。
f0052323_1862415.jpg

他にはヒラマキガイモドキ、ユスリカ、ミジンコ、コミズムシ、ゲンゴロウなど・・・たくさんの生き物が見つかりました。研究員さんによれば、ここ新田のふゆみず田んぼには目で確認できるだけで100種類以上の生き物がいるのだそう。私たちは恵まれた環境の中で生かされているんだと改めて感じた1日になりました。

7月に入ったら、地元の小学生と生き物調査を行う予定です。子供たちはどんな生き物を見つけるのだろう・・・いまから楽しみです! 企画室・佐藤裕美
[PR]
# by izunumaham | 2013-06-19 18:10

トマト苗の植付け体験

こんばんは。今日は新田小学校の2年生の子供たちにトマト苗の植付けを教えてきました。
新田小学校では各学年がそれぞれお米や野菜を育てています。このバケツ苗は1年生が担当。
f0052323_18285223.jpg

先日、田植え体験にきてくれた4年生はトマトやナスを畑で育てていました。
f0052323_1834058.jpg


さあ、2年生!畑の先生に挨拶して苗の植え付けを始めます。
f0052323_18355379.jpg

f0052323_1836465.jpg

まずは畝(うね)作り。
f0052323_18383534.jpg

畝をつくっている間、子供たちからはいろんな質問がでました。
「トマトってどのくらい水をあげればいいの?」「水をたくさんほしがる野菜はなに?くだものは?」などなど・・・みんないい質問でした。

畝ができたら、苗を植え付ける穴をほり、土に水をしみこませますよ。
f0052323_1841937.jpg

そうそう、水をかける時はジョロの先に手をそえてあげると水滴が飛び散りにくいんだよね。
f0052323_18414691.jpg

苗をポットから出すときはみんなドキドキ。なんとか取り出して穴にいれ、土をかぶせました。
f0052323_18442829.jpg

f0052323_18445437.jpg

最後は竹の支柱を立てて、茎が倒れないようにヒモを括りつけて完成!
f0052323_1846105.jpg

f0052323_18471626.jpg

みんな暑い中よくがんばりました!!たくさん実がつくといいね。
[PR]
# by izunumaham | 2013-06-05 18:50
こんにちは!企画室の佐藤裕美です。私、最近新たな試みを始めました。それは生ごみをリサイクルした土づくりです。「NPO法人 大地といのちの会」の吉田俊道さんの講演を聴いたことがきっかけとなりました。吉田さんは生ごみを再利用した野菜づくりを通して、食育の原点「食べものを心から大切に感じる心」を全国の保育園や幼稚園、小学校などの生徒たちに教えていらっしゃいます。

一見汚そうな生ごみが、大地の微生物によっていのち溢れる土へと変化し、変化した土が元気でおいしい野菜を育て、人間に還元されていく。その過程を私も地域の子供たちと体験したくて土づくりに挑戦することにしました。

まずはレストランや直売所で出た生ごみを新鮮なうちに集めます。それを大地の微生物が分解しやすいよう、できるだけ細かくちぎっていきます。けっこう大変な作業です・・・
f0052323_16355693.jpg

ちぎっていて改めて気づいたのですが、野菜の付け根には、小さな赤ちゃんの葉が隠れていました。この部分は「生長点」と呼ばれ、野菜のもっとも生命力が強い部分なのだそうです。吉田さんの実践例によれば、生長点は見た目はやわらかくて食べやすそうなのに、微生物はなかなか食べようとしないそうです。なぜなら微生物は弱いものを好んで食べ、再び新しい命を生み出すのだとか。生命を大事に守る野菜、生命の循環を生み出す微生物・・・その力強さをひしと感じました。

さて、生ごみを小さくちぎったら、発酵促進剤と米ぬかを入れてよく混ぜます。そして土に投入し、ここでも土と生ごみをよ~く混ぜます。
f0052323_16374026.jpg

あとは土をかまぼこ状に盛り、にシートをかけて3日ほど寝かせました。
f0052323_16374751.jpg

そして3日後にシートを開けてみると・・・
f0052323_16394459.jpg

f0052323_164047.jpg

なんと土に白いカビが生えているのを発見!これは、微生物が活動した結果を示したもので、土全体に発酵熱も感じられます(なんてあったかいんだ・・・)。

土に空気を送り込むための混ぜこみを何度か行い、1週間ちょっと経った土がこれ。
f0052323_16411135.jpg

生ごみはほとんど見えなくなりました(ところどころに見えるのは乾燥を防ぐために敷いた藁です)。あとしばらく寝かせたら、いよいよ野菜苗の植付を始める予定!子供たちと楽しめる野菜づくりプログラムの構築を目指して、頑張ります(^-^)

次回は植付けの様子をご紹介しようと思いますので、楽しみにしていてくださいね。
[PR]
# by izunumaham | 2013-05-20 16:49 | いのちの広場
こんにちは!企画室の佐藤裕美です。昨日から伊豆沼農産の田植えが始まりました。今日は4月に「牡蠣殻まき」でご紹介した田んぼの田植えの様子を見てみましょう!

まずはハウスで大きく育った苗を育苗箱ごと取り出し、一つ一つ丁寧にトラックに積んでいきます。
f0052323_14453850.jpg

あんなに小さな種だったのが、20センチ近くの高さに成長しました。
荷台いっぱいに積んだら、田んぼへGO!
f0052323_1446961.jpg


田んぼに着いたら畦道に育苗箱をひとつひとつ下ろします。
f0052323_1452104.jpg

つや姫の苗ですよ~。
f0052323_14531895.jpg

次はいよいよ田植え機の出番。機械を操るのは社長の伊藤です。
スーツ姿の時と違った立ち居振る舞いが新鮮!
f0052323_14571456.jpg

f0052323_14552345.jpg

田んぼにいる時はいつもより優しそうな表情をしている気が・・・(笑)
f0052323_145473.jpg


田植機によってきれいに植えられた苗。これから夏にかけて稲はすくすくと育っていきます。この間、田んぼの水管理、雑草取り、畦や水路の草刈りなどが行なわれ、苗の成長具合を見ながら、育て方の見極めを行います。
f0052323_14564353.jpg


【おまけ】
f0052323_14575863.jpg

水路にカエルがいるのを発見しました。田んぼにはカエル以外にもたくさんの動物や昆虫が生きています。夏に地域の子供たちと田んぼの生き物調査をする予定なので、その様子はまた改めてご紹介します。
[PR]
# by izunumaham | 2013-05-18 15:02

明日は母の日!

こんにちは。明日は母の日ですね。
直売所では、若葉園芸さんがプレゼントにぴったりのお花を販売しています。
f0052323_13451715.jpg

ん~。豪華なペラルゴニューム!
f0052323_1344399.jpg

花びらが小さいものもかわいいですね!!
f0052323_13454847.jpg

小さい花から大きい花まで、安くてお買い得な鉢がたくさんありますよ!

若葉園芸さんの花鉢を購入された方には嬉しいサービスがあります。登米市を中心に活動している「手づくりサークルぽぽ」さんが押し花メッセージカードをつくるサービスを提供してくれるんです。
f0052323_13463784.jpg

f0052323_13473845.jpg

f0052323_13481080.jpg

きれいに押された花々を思い思いにカードに飾れば、受け取る側も嬉しさ倍増です!
f0052323_1348465.jpg

f0052323_1349146.jpg

今日と明日、伊豆沼農産の花ハウスで体験できますので、ぜひ足を運んでください。

企画室・佐藤裕美
[PR]
# by izunumaham | 2013-05-11 13:55 | 直売所
こんにちは。企画室の佐藤裕美です。ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか?伊豆沼農産では、こぶたのかけっこ・手づくりウインナー体験・ぐるぐる棒巻きパンづくりなどのイベントを開催していました。

【こぶたのかけっこ】
f0052323_14351764.jpg

f0052323_14363589.jpg

f0052323_14371835.jpg

【手づくりウインナー体験】
f0052323_1440548.jpg
f0052323_14404345.jpg

【ぐるぐる棒巻きパンづくり・】
f0052323_14454816.jpg

f0052323_14433340.jpg

たくさんのお客様にご来場いただいたこと、心よりお礼申し上げます。夏もイベントを開催する予定なので、内容が決まったらご案内します。また遊びにきてくださいね!

さて、楽しいゴールデンウィークも終わり、伊豆沼農産がある新田地区ではもうすぐ田植えが始まります。代掻きが終わった田んぼでは、カエルが鳴き始めました。新緑の季節です。
f0052323_14472059.jpg

4月中旬に種蒔きをした苗は、ハウスの中ですくすく育っています。写真は「ひとめぼれ」の苗。
f0052323_14483681.jpg

f0052323_14502025.jpg

10~20cmほどの高さがあります。もう少ししたら、牡蠣殻を入れたミネラルたっぷりの田んぼにお引越し。秋に皆さまにおいしく召し上がって頂けるよう、大切に育てていきます。楽しみにしていてくださいね!

なお、直売所では野菜がたくさん入荷するようになりました。きゅうり、にら、せり、アスパラ、山菜などです。これらは「新鮮野菜おまかせセット」としてその日のオススメ野菜をお届けしますので、ご興味ある方は、通販専用ダイヤル0120-77-2986までお電話ください。
[PR]
# by izunumaham | 2013-05-08 14:53

【新田中学校】総合学習

こんばんは。企画室の佐藤裕美です。今日は新田中学校の新1年生が企業訪問に来てくれました。総合学習で「地域の魅力を発見する・自分の将来を見つめる」というテーマを学ぶにあたり、その一コマを伊豆沼農産での取材と体験学習にあてていただいたのです。

午前中はウインナーの手づくり体験です。
ウインナーづくりの説明
f0052323_18421666.jpg

f0052323_18423540.jpg

肉を練りこみ、腸に詰めていきます。
f0052323_1844151.jpg

f0052323_18441321.jpg

みんなうまく出来ましたね!
f0052323_18452041.jpg

f0052323_18453075.jpg

つくった後は、片付けも協力して進めます。
f0052323_1846942.jpg

お昼ご飯は、持ってきたお弁当とさっきつくったウインナーで。いただきます(^^)
f0052323_18465119.jpg


午後は伊豆沼農産の企業説明からスタート!目指していること、扱っている商品、地域とのつながりについて学び、工場見学へ。製造・包装現場を見ながら、ハム・ソーセージができる工程を学びました。次々と進められる作業に、興味津々!
f0052323_1850097.jpg

工場見学のあとは、質疑応答の時間。「働いていてやりがいを感じるのはどんな時?」「農業を食業に変えるってどんな理由から?」「なぜ走る直売所をはじめたの?」「どうして赤豚をつかおうと思ったの?」などなど、するどい質問がたくさん出ました。
f0052323_18522635.jpg

f0052323_18513635.jpg

質疑応答の時間も終わり、最後のあいさつです。代表のあいさつをしてくれた女の子。「幼稚園の頃に手づくりウインナーを体験した時は、大人にやってもらってばかりだったけど、今回は一通り自分で進めることができてうれしい」と話してくれました。
f0052323_18524151.jpg


こうして子供達と学びの時間を共にできることは、私たち伊豆沼農産にとっても貴重な経験です。今後さらに食農教育や体験学習に関する企画を増やしていこうと考えていますので、応援してくださいね!総合学習や子供会の行事などにもご要望に合わせた企画をしますので、ご興味ある方はぜひお問い合わせください。

【お問い合わせ先】伊豆沼農産 企画室
電話:0220-28-2986 Eメール:info@izunuma.co.jp

[PR]
# by izunumaham | 2013-04-18 18:59 | 手づくり教室