春のはっと屋台村

3月16日、17日の両日。観光物産センター遠山之里で「春のはっと屋台村」が開催されました。開催地の登米町(とよままち)は、みやぎの明治村と呼ばれ、歴史ある建築物が多く現存している町です。写真は重要文化財に指定されている旧登米高等尋常小学校。コの字型の校舎と白いバルコニーが、建築から125年経った今もきれいに残っています。
f0052323_10491130.jpg


さて、屋台村では、油麸はっと、あずきはっと、ずんだはっと等いろんな商品が出品されていました。伊豆沼農産では、赤豚カレーはっと&豚まんをご提供してきましたよ!
f0052323_10555844.jpg


手つみのはっとに、たっぷりの赤豚肉、辛味のきいたカレー。食べる前にしゃきしゃきの水菜と葱をのせると歯ごたえもグット!たくさんのお客様に召し上がっていただきました。ありがとうございました。
f0052323_10565019.jpg


17日はゆるキャラの「はっとン」も登場!白いからだは登米市の形をしており、頬は人参、腕は油麸、足は葱、尻尾はじゃがいも、頭にはお椀をのせたなんとも愛らしい小麦の子です。この日は、歌の地産地消をテーマに活動している清水バンドさんの演奏に合わせて踊っていました。楽しそう!
f0052323_10574431.jpg


あたたかい日差しの中、郷土料理の食べ比べも楽しいものですね。
この屋台村は例年春と秋に開催されます。秋もたくさんのお客様と会えるといいな~。
[PR]
by izunumaham | 2013-03-18 11:01 | イベント